外部資金等

■科研費

  1. 2011年4月〜2014年3月 人工物利用における「背後にある潜在論理構造」の学習:認知的加齢の影響の検討(基盤B: 23500323),科学研究費(日本学術振興会)分担研究者
  2. 2014年4月~2017年3月 高齢者における「焦り」の認知的制御に対する妨害メカニズムの解明と認知工学的応用(若手B: 26870251),科学研究費(日本学術振興会)代表研究者

 

  • 科研費以外の競争的研究資金等
  1. 2010年10月~2011年3月  中央監視システムのインターフェース評価用ツール(ソフトウエア)の開発. 企業との共同研究(アズビル株式会社)代表研究者
  2. 2011年6月~2012年3月 認知科学の知見を応用した高齢者に使いやすいビルの中央監視盤に関する研究,企業との共同研究(アズビル株式会社) 代表研究者
  3. 2011年9月〜2014年9月 高齢者による使いやすさ検証実践センターの開発,JST-RISTEX科学技術振興機構 共同研究者